アウトソーシングで発送代行を発注

アウトソーシングで発送代行を発注

定期的な契約を結ぶことで多くの利益を多くの企業で享受できるシステムが自然とうまれる。

これを社会主義になぞらえる必要もないとは思うが、アウトソーシングというものはそうした性質を持っているのではないかと思う。

発送代行業者を例に挙げて説明しよう。

まず商品を製造するメーカーがあり、それを利用するユーザーがある。

これがいわゆる需要と供給の原本だ。

そこに必要な行為が加わるとすれば、「売るための店」になる。

そこで現れたのが「店舗」だ。

しかし、店舗とメーカーをつなぐパイプは最初はない。

そこに生まれたのが「問屋」だ。

ちなみに問屋専門の問屋があったりもする。

さらに言えば店舗と顧客をつなぐパイプも必要になる。

これが発送代行になる。

発送代行とはこうした「商品」と「顧客」と「メーカー」をつなぐ一本道の上にあるひとつの役割でしかない。

人は役割を細分化させて、その役割に特化させることで最大の効率を生み出す事が出来るのは既知の通りだ。

事実、発送代行は価値が高い

価値の高いサービスを提供することが言われ始めてからいったいどれほどの年月がたったのであろうか。

発送代行という商売を武器にして今生を渡り歩く身としては、発送代行にもそうしたサービスとしての矜持というか、発送代行だからこそ持ち得る付加価値の創造に意義を見出すことで、CSやES…つまり従業員満足度や顧客満足度を高めることにつながると考えられるのである。

そもそも、昨今になってようやく言われ始めた従業員満足度がどのように会社に利益をもたらすのかについては、経営学を学んだ方々にとってはともかく、普段なにげなくグループワークを行っている方々からすればなじみ深いものなのではないかな?とも思う。

発送代行の詳細

たとえば、自らが所属するグループやコミュニティを悪しざまに言うようなメンバーは、総じてグループにたいしての還元は期待できない。

当たり前と言えば当たり前である。

存在として価値を見出せないと本人が思っているからである。

しかし、逆ならどうか。